ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年04月30日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの予約・購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 髪クシャ

    おいっ、何をしている?

    数学の宿題を忘れた?

    フッお前、えらいな次からは忘れるなよ。ぽんぽん

    そ・れ・と、こんな夜中に危ないだろ。

    今度忘れた時は俺に連絡しろよ。

    お前のこと、誰よりも心配だから。クシャ

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 校舎裏

    成り行きで、無愛想な同級生と一緒に下校中。

    ふいに、微笑まれた。

    この人、こういう笑い方も普通にできるのかっ!

    その笑顔がやけにきれいで、しかも私だけをまっすぐ見つめてくれて、視線を逸らそうとしないものだから、照れてきてしまう。


    「今日楽しかったよ」

    「あー、そーでしょーとも」


    どこか二人で遊びに行った後であるかのような、本当に楽しそうな調子。

    こちらとしては、棒読み気味に返す以外にない。


    「羽柴が案外真剣になってくれて、難しそうに考え込んだり、困ったり、落胆したり、怒ったり、恥ずかしがったり。そういう表情の変化が見てて飽きない」

    「バカにしてる!?」

    「いや。可愛いなと思った」

    「なっ!?」

    「これからもよろしくな?」


    メガネの奥の瞳がキラリと光り、ニヤリと不敵な笑み。

    新学期、何かが始まりそうな予感がして、胸がドキリとした。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 校舎裏

    退学したんだ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説は現在非公開中です。

トップ

▲