ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年04月30日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの予約・購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 図書室
    • 壁ドン

    私は今隣のクラスの男子に告白されてます
    「す、好きです」
    「あ、ごめん」
    彼氏いるし
    「そうだよねごめんねありがとう」
    「ううん。こっちこそごめん」
    そう言うとその子は図書室から出ていった
    「ミク?」
    「ランどしたの」
    ランは私の幼なじみで彼氏でもある

    トンッ……

    え?今私壁ドンされてる……?
    「何告られてんの……?俺がいるのに」
    「ごめんラン」
    「いいよコレで許してあげる」
    そう言うとランは私にキスをした
    チュッ
    そしてランはいつものように可愛い顔で笑った
    「帰ろミク」
    「うん!」
    私はこのちょっと嫉妬深い彼をずっと愛し続けるだろう

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 職員室

    【字・あるある】をめっちゃ広げてみた~綺麗な字~

    今日、私は日直。

    日誌を出しに、放課後職員室に行った。

    「先生、日誌です」

    日誌を先生に出すと、先生は日誌をペラペラめくった。

    「綺麗な字だな」

    「あ、ありがとうございます」

    やった♪

    字、綺麗だと得かも♪

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中

    「せーんぱい!!」
    「あ、ハル!」
    中学生の時から付き合ってる先輩。部活終りの自主練を黙ってみてたけど、いつまでたっても終わらない。それどころか私がいるのも気づいてないみたい。だから声をかけた。
    「先輩、私がいること気づいてなかったでしょ!」
    「ご、ごめん笑部活中3年に一緒に帰ろうって言われてたから、帰っちゃったのかと思ってた。」
    先輩はサッカー部エース、私はそのマネージャー。いつも部活中は真剣だから私のことなんて見てないと思ってた。ちゃんと見てくれてるんだな。そう思い少しに笑った。本当は俺様。だけど、ウサギみたいな寂しがり屋。先輩は、困ったように「おこってる?」という顔。ほんとにかわいい。
    「いいよ!笑もうちょっとやったら帰ろ!付き合うよ!」
    そう言って笑ったのに、先輩は私に近づいてきて、
    「ハルの顔みちゃったら俺なんもできないや。今すぐ抱きしめてめちゃくちゃにしてやりたい。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ぱーぷる

【会員番号】73865

【性別】女

【誕生日】さつきのころ

【自己紹介】最近ケータイ小説はじめました
ドキドキッ ヾ(=^▽^=)ノ

感想まってます

【血液型】AB

【星座】おうし座

【身長】ヒミツ

【体重】ヒミツ

【握力】ヨワい

【自分が一番輝く瞬間】好きな人といっしょにいるとき

【好きな食べ物】お肉(特にウシ)

【好きなコミックや雑誌】君に届け

【好きな場所】

【好きな季節】ま夏とま冬

【とっておきの時間の過ごし方】読書

【今一番欲しいもの】ドキドキっ

【最近頭にきていること】世の中のおとな達

【最近凹んだこと】凹むを「クボむ」って読んだら笑われたこと…

【生まれ変わったら?】やっぱり女

【地球があと24時間しかなかったら?】あの人に告白したい

【1億円あったらどうする?】みんなとジャカスカ使いきる

【今までの人生で素敵な思い出】いくつもの出会い

【癒されること】癒すってことば、キライ

【1ヶ月に読む本の数】3〜5冊

【使っている携帯電話】ピンクのドコモ

▲