ケータイ小説 野いちご

海へ...

(キョースケ/著)

作品番号/146686
ジャンル/恋愛(その他)
PV数/217,739
総文字数/22,862
最終更新日/2008/9/27
[59ページ (完)]

カオルが沈んでいった海の前に

あたしは立っていた


真冬の海は 肌を刺すように冷たいけど

今のあたしには心地よかった


カオルを迎えた海が

あたしを待っている


待っててね カオル

いま 行くから


小説を読む