ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年08月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 逆ハー【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 髪クシャ

    ドンッ!
    「なぁ、俺のこと好きだろ?お前と付き合ってやるよ」
    だんだん顔が近づいてきた…私は耐えきれなくて目を思いっきりつぶった。その時
    「おい。俺の女にその汚い手で触るな」
    「えっ…り…く…?」
    「いつからコイツはお前の女だよ。」
    「今から」
    「はぁ?」
    「…え?」
    「お前が好きだ。付き合ってください。」
    「う…ん///」
    「と、言うことだ。行くぞ華那」

    「ほんとにいいのか?」
    「う、ん//」
    「よかった、振られると思ってた」
    りくは私の髪をクシャっとした
    「り…く//」 りくのほうを見上げた
    「華那、好き。 ちゅっ」

    俺は触れるだけのキスをした
      





    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーーーーーーーーー
    初めて作りました…
    逆ハーになってませんよね。
    ほんとすいません

    開く閉じる

    • 後輩
    • 部活中
    • 体育館

    私には可愛い後輩がいる、私にとってその子は弟みたいな存在だった……はずなのに

    「先輩!いきなりなんですけど明日のバスケの試合勝ったら俺とデートしてください!」

    「え!?、いきなりどうしたの??」

    「俺先輩と遊びに行きたいなーって思ったんですけど…ダメですか?」

    「だ、ダメじゃないけど…なんで私?」

    「先輩が好きだからです!」

    「え!?…いや、でも私にとって貴方は可愛い弟みたいな存在だか…」

    言い終わる前に私の言葉は柔らかい唇で遮られた…

    ッ!!

    「ん、んっ…ぷはっ」

    あまりのことで腰が抜けてしまった…

    「ちょ、いきなり何すんの/////!!」

    「可愛いって言った先輩が悪いんですからね?」

    「もう可愛いなんて言わせませんから。覚悟してくださいね?先輩♡」

    そう言うと小悪魔はニヤリと笑みを浮かべ、私を見下ろした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 顎クイ

    「真実。帰ろうぜ。」
    「うん。」
    コイツは田端陸。
    私は相川真実。幼馴染だから、いつも一緒に帰っている。
    「あのさ、幼馴染だからって毎日一緒じゃなくてもいいよ?陸だって彼女とか出来るかもだし…」
    すると、陸が立ち止まった…
    「どうしたの?」
    「お前それ本気で言ってる?」
    …え?
    クイッ…
    あ、顎クイ!??!
    「俺が好きなのはお前なんだよ!鈍感バカ女!」
    そういい、甘い甘いキスを落とした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ぱーぷる

【会員番号】73865

【性別】女

【誕生日】さつきのころ

【自己紹介】最近ケータイ小説はじめました
ドキドキッ ヾ(=^▽^=)ノ

感想まってます

【血液型】AB

【星座】おうし座

【身長】ヒミツ

【体重】ヒミツ

【握力】ヨワい

【自分が一番輝く瞬間】好きな人といっしょにいるとき

【好きな食べ物】お肉(特にウシ)

【好きなコミックや雑誌】君に届け

【好きな場所】

【好きな季節】ま夏とま冬

【とっておきの時間の過ごし方】読書

【今一番欲しいもの】ドキドキっ

【最近頭にきていること】世の中のおとな達

【最近凹んだこと】凹むを「クボむ」って読んだら笑われたこと…

【生まれ変わったら?】やっぱり女

【地球があと24時間しかなかったら?】あの人に告白したい

【1億円あったらどうする?】みんなとジャカスカ使いきる

【今までの人生で素敵な思い出】いくつもの出会い

【癒されること】癒すってことば、キライ

【1ヶ月に読む本の数】3〜5冊

【使っている携帯電話】ピンクのドコモ

▲