ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年07月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お祭り
    • りんご飴
    • ツンデレ

    今日は友達と地元のお祭に来た。
    ーゴチンッ
    「いった。」
    硬いもので叩かれたような衝撃が頭にはしる。と同時に、悲鳴。
    「キャーー!」
    「え、やばっ。」
    私の頭がどーのこーのじゃない。
    「…痛いんだけど。」
    振り向けば、同じクラスの藤堂君がいた。
    「いつからそんな偉そうになった?」
    「はい?」
    藤堂君はいつも、なぜかめっちゃ上から。
    ほんっとむかつく。

    「ん。」
    「…は?」
    「だから……これっ//」
    「うん、りんご飴だね。」
    「ちげーよ!
    …やるっつってんの‼」
    え、私に?
    「あ、ありがと。」
    「え〜、藤堂、私のは〜?」
    「琴音だけずるいよー。」
    「あげるわけねーだろっ。
    …じゃあな。」
    そう言って走り去ってしまった。

    …意外と良い奴じゃん。
    まだ温かいりんご飴。
    ほんのちょっとだけ嬉しかったのは、私だけの秘密。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下

    「普通」


    実はこの世に普通のひとなんていない


    普通のひとって、どんなひと?


    と聞かれて


    特徴を細かく答えることはできないはずだ


    普通という言葉は、数字のゼロのように、この世には存在しない基準


    ゼロ個のリンゴがこの世に存在しないように


    普通のひとは世界にひとりもいない

    みんな自分の「普通」の基準にあわせて、行動しているつもりだけど


    その基準はひとりひとり結構ちがう


    みんな普通にならっているつもりだけど、普通というものは、そんな幻覚のような、あやふやなものなのだ


    だから、実はみんな普通じゃない


    ぼくも普通じゃない


    あなたも普通じゃない


    でも、それがいい


    だからこそ


    人間はおもしろい

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館

    「ゆきづまっているひとへ」


    それは壁じゃない


    それは壁じゃない


    それは階段だ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

白いゆき

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:葵夢(初回登録:2008/04/07)
  • 2:白いゆき(変更1回目:2008/07/14)

【会員番号】72049

【性別】♀

【誕生日】4月生まれの花粉症

【自己紹介】一度きりの今日を、二度とないあなたを大切に…♡


*書 籍 発 売 中*

【 単行本 】
・逢いたい…キミに。
・幼なじみ-first❤love-㊤㊦
・涙空 ㊤㊦
・ただ、君といたいだけ。㊤㊦
・初雪の約束
・初恋Days
【 文庫本 】
・逢いたい…キミに。
・幼なじみ ㊤㊦
・ひまわりの約束 (書き下ろし)


最新ファンメール >> 7/8

【生まれたところ】東京

【血液型】几帳面度0%のA型

【性格】のーんびり、ゆるるーん♡

【口ぐせ】ツイッターなどSNSやってません(/ω\)

【好きな食べ物】ソフトクリーム&炭酸

【誰にも言えない秘密の話】完結順に読むと…?(逢いキミ→幼なじみ→涙空→四クロ→ただ君→初雪→初Day→涙星→ひまわり→校1)

▲