ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年08月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 玄関
    • 髪クシャ

    「降ってきちゃった・・」

    さっきまで、あんなに晴れてたのに・・。
    下校時、突然の夕立で帰れなくなった。
    置き傘でもしとけばよかった・・。

    「お前、帰らねえのか?」

    玄関で困っていたら、幼なじみの悠太が声をかけてくれた。
    悠太の手には傘が握られていた。
    やった!いいとこに来てくれた!

    「悠太、私も入れてって!」
    「はあ?嫌だよ、誰がお前と相合傘なんかして帰るかよ」

    そう言って悠太は傘を広げた。
    こいつ、むかつく!

    「ほら」
    「え?」

    目の前に、開かれた傘を差し出された。

    「お前が使えよ」
    「・・一緒に帰ろうよ?」
    「帰れるわけねえだろ」
    「なんで?」
    「・・心臓がもたねえよ」
    「え?なんて言ったの?」

    悠太の声が小さくて、私は聞き取れなかった。

    「雨に濡れてシャツが透けてもいいなら、傘、置いて帰れよ!」

    そう言って悠太は、私の前髪をクシャっとして、雨の中、走って帰った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 登校中
    • 通学路
    • 後ろからギュッ

    朝、電話口から先輩起きて!という声が聞こえた。

    「迎えに行くんで、早く準備してください!」

    渉くんは後輩。とても純粋ないい子だけど、不良と思われがち。

    「もういるでしょ」
    「…バレた。先輩は何でも見透かしちゃいますね」
    「先輩だからね」

    私が笑うと、渉くんの震えた声が聞こえた。

    「ただの後輩?」

    今の発言は私のことを好きだと言ってくれた渉くんを、きっと傷つけた。

    「渉くん、あのね…」
    伝えなきゃ。
    「やっぱ忘れてください!」

    その言葉を聞いても、忘れるつもりはない。ダッシュで準備して、玄関のドアを開け、渉くんの姿が見えた。

    「辛かった時、そばにいてくれたり、ずっと想ってくれて嬉しかった。私も…渉くんが好き」

    恥ずかしくて、行こ!と歩き出した私を、後ろからギュッと包み込んだ。

    「今日から俺の彼女です!やっと手に入れたから、絶対話してやりませんよ。美夏先輩♪」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 図書室
    • 後ろからギュッ

    静かなこの空間は私の癒し。
    ページを捲る音だけが響く空間。
    「光那(みつな)、みぃつけた」
    甘い声と共に後ろから私を包み込む温かい体温。
    「迎えに行ったらいないんだから、焦ったよー」
    「⋯連絡忘れてた」
    「光那らしいね」
    クスクスと笑った私の彼氏、麻音(まお)は隣の椅子に座り直す。
    ふわりと香る甘いお菓子のような香り。
    「ごめん」
    「ん、いいよ。ちゃんと見つけられたし」
    優しい麻音は優しい笑顔を見せる。
    私は本を持って立ち上がった。
    「これだけ借りてくる」
    「急がなくてもいいのに」と言う麻音に首を振り、借り出しリストに置かれていた鉛筆を走らせる。
    「⋯おまたせ」
    「じゃあ帰ろっか」
    外へ出ると、何となく空を見上げる。赤に染まりかけの空は青とのグラデーションが美しい。
    私は口下手だ。
    だから、その分態度で示す。
    麻音の左手を取り、ぎゅっと握る。
    握り返してくれたその手と笑顔は、とても温かい。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

佳川鈴奈

【会員番号】324990

【性別】女の子

【誕生日】1月12日

【自己紹介】*ご挨拶*
初めまして、佳川です。まったりと執筆しています。
気になった物語がありましたら読んで頂けると嬉しいです。
感想·レビュー·ファン登録·本棚INかなり喜びます。
修正・リメイクの為一部作品を非公開中です。

七月は「仕事とお針子」優先になります。

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】尊敬する人の漢字を頂いて。(かがわれいな)

【生まれたところ】関西

【血液型】0型

【星座】山羊

【身長】小人さん

【趣味】DOLL・楽器

【性格】マイペース

【好きな言葉】やってやれないことはない

【尊敬する人】YOSHIKIさん

【みんなから○○と呼ばれている】珍獣

【口ぐせ】にゃー。

【自分が一番輝く瞬間】好きなことをしている時

【ある休日の過ごし方】大好きな音楽を聴く

【よく遊ぶところ】カラオケ・自宅

【カラオケでよく歌う曲】X・志方さんetcいろいろ

【好きな教科】音楽

【嫌いな教科】数学

【好きなキャラクター】ディズニープリンセス

【好きな季節】四季が移りゆくのは好き。春~夏かなー。

【とっておきの時間の過ごし方】お気に入りの紅茶かハーブティーでティータイム

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】10~20作品。気になったものや、コメントくださった方の作品

【1ヶ月に読む本の数】10冊前後。読み始めると早い(笑)

▲