ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

2016年05月28日の週刊総合ランキング

ランキングをもっと見る

『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』公式Twitter

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「ふぁー、ねむいなー」

    今日は先生にも怒られてたいへんでした…笑

    だって!数学分からないんだもん!

    しょうがないよー、あはは笑

    なんて思いながら机にうつ伏せになってると、

    〜ガラガラ

    ドアの方を見ると優斗が…

    「あれ、まだ雪いたんだ」

    「うん!ちょっと眠くてね」

    「そっか、じゃあ俺も疲れたから…

    ギュー

    「!?!?優斗どうしたの!」

    いきなり後ろからギュッは反則//

    「好きだよ雪」

    「…!…私も、すき、だよ」

    「じゃあこれからよろしくな?俺の彼女ちゃん」

    「うんっ…!」

    「あはは!顔真っ赤だよ?」

    もうドキドキが止まりません!!

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    放課後…。
    私は、誰もいない教室で乙女系アニメを見ていた。
    「うぅ〜!レン様かっこ良すぎ!!」
    ガラッ
    「ん?河壁?」
    ゲッ!?嘘でしょ!?なんでよりによって田沼が!?
    この田沼怜は、この学校で1番のイケメン。けれど、人の事をよくバカにする嫌な奴。
    「お前…。またアニメ見てんのかよ。」
    「な…なによ!何か文句ある!?」
    「別に…。」
    ん?様子がおかしい。いつもは、バカにするのに。
    「なんか用?」
    「……できねぇ。」
    「ん?何ブツブツ言ってんの?」
    「お前さ、アニメのどこがいいんだよ。触ったりすることもできねぇのに。」
    「別にあんたに関係ないでしょ!?」
    「あるんだよ!俺は、お前の事好きなんだよ!」
    「はっ!?」
    ー「アニメばっか見てないでさ、俺の事見ろよ。」ー

    • 同級生
    • 部活後
    • 体育館
    • 告白

    「桜、勝負しようぜ」

    「勝負?いいよ!」

    「5本勝負で、交互にシュートな。負けたら相手の言う事1つ聞くこと」



    4-4「あと1本ずつか。…よっ」

    樹のシュートは綺麗に決まった。

    「私も入れたら同点になっちゃうよ?」
    バスケットボールを持つ。

    「大丈夫、俺の勝ちだから」

    「む。私外す気ないよ?」シュート体制に入る。

    丁寧にボールを…

    「好きだよ」

    放った。

    ガコン

    「俺の勝ち」

    「ず、ずるい!嘘ついて動揺させたな!?」

    「罰ゲームは」

    「納得できな…「俺と、付き合って下さい」

    …え?

    「まぁ、納得いかないならやり直す?」



    「…ばか。負けでいいし…」

    「ふっ」樹に抱き寄せられた。

    「ずっと俺のそばにいろよ?」


    言われなくても、もう離れたくないよ…

Head

樹香梨

【会員番号】229802

【性別】女

【誕生日】ふゆ

Line

【自己紹介】♪
⚫︎ヤンキー女→清楚女「逆高校デビュー」
⚫︎初恋タイムスリップ
⚫︎「1/4の奇跡 」左側の君に
⚫︎「約束」涙の君を
⚫︎君の「好き」
⚫︎優しい君に恋をして

読者様のおかげで書籍化していただくことができました。
本当にありがとうございました( ´ ▽ ` )

樹香梨 *jukari*

(Twitterは やっていません)

Line Line Line