ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年09月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    歩人の大切なものってなんだろう。

    お兄さん?

    私も入っているかな?

    でも、出会って日が浅いんだよなー

    幼なじみだっているかちもしれない


    私の大切なものには入っているよ。


    歩人も、奈々も、健太も。


    だから、一緒に戦って。

    大好きだよ。みんなのこと。

    開く閉じる

    • 総長【お題】
    • 後ろからギュッ

    友達もいない。誰も信じれない。ある日、教室に居るのが退屈で保健室で寝ようと思いベットに行ったら女の子。そこの隣のベットに寝ている総長さんがいた。知らず横になり寝ようと思うにも寝れずぼーっとしてたらカーテンが風で揺れた。その時目が合った。その女の子はいつの間にか眠ってしまった。
    その頃、その総長さんはその子に一目惚れする。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「、、、いた」
    いつまでも待ち合わせ場所に来ないからと探しに来た俺は奏の教室を覗いた。
    必死に書いてるものは学級日誌か何かだろう。俺はこっそりと後ろに回った。
    「奏ー。待ってたんだけどー?」
    後ろから抱きつくと、びくっと飛び上がった。
    、、、あー、可愛いw
    「せ、先輩!?ごめんなさい!すぐ終わらせるんでちょっとはなれて、、」
    「ずっと外で待ってたから寒いなー。奏あっためてー。」
    ぎゅーとキツめに抱きつくと、シャーペンを握る右手を必死に動かし、左手を俺の手に添えてくる。
    「もうちょっとだけ、すぐ終わらせます。」
    うん、と言って、添えられた左手をとって右手を絡ませる。
    「顔真っ赤、可愛いよ。」
    耳元で囁くと、その耳まで真っ赤にする彼女。

    ほんっと、可愛いんだから。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Salala

【会員番号】191619

【性別】女

【自己紹介】お立ち寄りくださり、ありがとうございます☆

☆新作☆
『ただあの子になりたくて』
片想い少女がヒロインに夢見るほろ苦い青春物語

☆書籍情報☆
『今までの自分にサヨナラを』
現在発売中!応援ありがとうございました。

ぜひごゆっくりしていってくださいませ☆

【マイリンク】

【血液型】A型

【星座】てんびん座

【趣味】アニメ鑑賞

【好きなキャラクター】薄桜鬼の沖田総司

▲