ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

野いちご学園

2016年06月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』公式Twitter

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 髪クシャ

    初めて会ったその日は雨で、とても蒸し暑かった…
    2人っきりで話すことに慣れない私、照れもあったし実際ほんとに暑かった…
    そんな時先輩が隣に腰を下ろした。
    先輩は私の赤くなった顔をのぞき込んだ。
    そして「かわいい」って言ってくれた!!
    私の顔がさらに赤くなるのに気付き、先輩自身も照れてしまい…
    それを隠すかのよーに私の髪をクシャっとして「こっちみんな(///_///)」って言ってた笑笑
    そんな先輩がだーいすき!!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 七夕【お題】
    • 告白

    きらーきらーひーかーるぅー
    おぉそぉらぁのーほーしーよー


    「りーくん。なに七夕様にお願いしたの?。」

    「あこちゃんとずっと一緒にいること。」

    「ふふふっ。あこもね、りーくんとずっといること。」

    「そっかー。嬉しいな。あこちゃん。こっちむいて?」

    「ん?」


    チュッ


    「あこちゃん。大好き。」


    20年後の今、この七夕様のお願いが叶いました。


    「りくとさん。あなたはこの女性を…愛することを誓いますか。」


    「はいっ。誓います。」

    開く閉じる

    • 同級生

    私は男が苦手で関わりなんてなくて…恋もしたことがない

    けどある男の子が私に話しかけてくれたの

    男「中島さん、だよね?」ってそんで

    私「な、中島悠乃(ゆいの)です、よろしくね!」

    男「俺、鈴木航太(こうた)よろしくな!」
    そんでライン交換して最初は(;-ω-)ウーンって感じだった、
    けど学校でも沢山話すようになったし誰に対しても優しいの!そんな航太君がどんどん好きになった。

    そして今日は文化祭。私は今日告白する!
    彼を呼び出た
    私「呼出してごめんね。あ、あのね?私航太君が好きなの!」

    彼「えっ?!まじで?」 私「…まじで」 彼「まじかあー。」

    私「うん…ごめんね、迷惑だったよね」

    彼「っは?!めいわk…「今の忘れてごめんね。バイバイ」

    私は悲しくて走って逃げた。私は知らなかった
    彼が「俺も好きなのに。」って言ってた事に。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

牡丹杏

【会員番号】180426

【自己紹介】牡丹杏(ボタンキョウ)です

【地味子の秘密】
文庫全12巻
全国書店にて発売中。

多くの応援、ありがとうございます。

新作
【生徒会の眠り姫は目を醒まさない(仮)】
執筆開始しました。

私生活を優先させるため
活動は亀です……。

【髪型】セミロング

【趣味】ショッピング、映画鑑賞

【持っている資格】白衣の天使とかね。

【尊敬する人】はるなっちさん

▲