ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年08月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 告白

    放課後、今日も私は幼なじみのハルと一緒に帰ろうと声を掛ける。

    「ハル帰ろ!」

    「ん。」

    それだけで心が温かくなる。


    「ハル聞いて、今日も俺様野郎に言い寄られたの。更に壁ドンまでされた。」

    ハルに愚痴る。みんなの前では無口だけど二人になると喋ってくれるから、ハルの反応を待った。

    「…ふーん。」

    いつもは色々言ってくれるのに今日は素っ気ない。それだけの事なのに泣きそうになる。

    「…ハル、私のこと嫌いになった?いつも愚痴ばっかりだから…。」

    立ち止まってそう問いかけると、少し前を歩いてたハルが振り返り近づいてくると抱きしめられた。

    「ごめん、嫉妬した。僕のなのにっ、て。僕のじゃないのに…。」

    「ハル私のこと好きなの?」

    「好きだよ、悪い?」

    照れてそっぽを向くハル。かわいい。

    「私も好きだよ。」
    そう言い終わるかどうかのところで私の唇はハルに奪われた。

    開く閉じる

    • 逆ハー【お題】
    • 部活中
    • 体育館

    今は男友達のバスケ部を見学中

    取り敢えず差し入れでタオルとドリンクを持ってきてる

    サパッ

    女子達「キャー駿さま〜!」

    駿がシュートを決めた

    サパッ

    女子達「キャー琉さま〜!」

    シュートを決めたのは駿の弟琉君

    女子達が騒ぐのも可笑しくない

    だって学校一イケメン兄弟なんだから

    ピー

    練習試合が終わった

    そして二人が私に近付いてくる

    駿「恋今日もありがとな!」 

    琉「恋ちゃんありがとう!かっこよかったでしょ?僕!」 

    「うん!かっこよかったよ!はい!これっ!」
     
    タオルとドリンクを渡した

    女子1「何で駿様と琉様はそんな普通の子のドリンクを貰うのですか?!」

    あ、そうだよね…

    私、邪魔だよね

    駿、琉「恋は俺達のプリンセスだから」

    と二人の手が私の頭に乗ってきた

    駿、琉「お前にかっこいいとこ見せたいから!来いよ(来てね)」

    「うん!」

    二人が好き

    開く閉じる

    • 俺様
    • お昼休み
    • 廊下
    • 壁ドン

    先に言っておく。わたしは男嫌いだ。


    「なぁ、いい加減好きって言えよ。俺の事、好きなんだろ?」

    学校の俺様王子と言われている彼に今日も言い寄られている。

    「は?冗談は顔だけにしてくれる?私はアンタなんて好きじゃないし。」

    私は幼なじみのハルが好きだし、と心の中で付け足しながら言い返した。

    すると、彼はニヤリと笑い大きな音がしたかと思うと壁に押し付けられていた。

    「ドキドキしただろ?あれ、音にビックリした?」

    ドキドキするとかありえないし。逆に気分悪くなる。
    そう思いながら黙って俯いていると、何を勘違いしたのか

    「やっと正直になったか?恥ずかしがるなよ。」

    と言いながら頬に手を添えてきた。無理、我慢の限界。そう思い顔を上げ彼の手を払う。

    「ありえないから。壁ドンとか相手を威圧してるだけだし、アンタにされても嬉しくない。」

    そう言って彼を振り切り教室に戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

豪華メンバーによるクリエータープロジェクトの楽曲ノベライズ大募集!

三月のパンタシア×野いちご ノベライズコンテスト スターツ出版より書籍化!(レーベル未定)

開催期間
2016年7月29日~12月下旬

「三月のパンタシア」オリジナルテーマ楽曲「ブラックボードイレイザー」を聞いてイメージする
あなたなりの物語を投稿してください(ジャンル不問)

楽曲担当は人気クリエイター40mP!!
さらにイラストはloundrawが担当!

お知らせ
  • 2016.07.29エントリースタート!!
  • 2016.06.20三月のパンタシア×野いちご ノベライズコンテスト開催決定!!

作品をエントリーする

STEP1:応募要項を読む

大賞1作
賞金20万円+スターツ出版から書籍化(レーベル未定)
優秀賞2作
賞金5万円+スターツ出版から書籍化(レーベル未定)
応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

対象

テーマ楽曲である、三月のパンタシア「ブラックボードイレイザー」を聞いて自由に物語を創作してください。

※公式応募サイト「野いちご」で閲覧できる小説。
※ジャンル不問
※作家のプロ、アマ、年齢等一切問いません。
※公序良俗に反するもの、官能小説、差別的表現のある小説、過度な暴力的表現のある小説は不可とします。
※まだ書籍化されていない、もしくは書籍化の予定がない、日本語で書かれたオリジナル作品に限ります。
※他の文学賞との二重応募は失格とします。
※既に他のサイトで発表されたものも応募可としますが、著作権および著作隣接権が完全にフリーであることを条件とします。
※応募作品は10/31(月)18:00までに完結させてください。

<注意事項>
※シリーズ作品や続編、サイドストーリーなど、その作品だけでは物語が完結していない場合、原則として審査対象外となります。ただし「第1巻」などとして、その巻だけでも楽しめる場合は審査対象となります。
※完結締め切り後の作品内容編集はなるべくお控えください。番外編等の追加を含む大幅な内容の編集をされた場合でも、審査は完結〆切時点の内容で行います。なお、完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合は、失格となります。
※テーマ楽曲「ブラックボードイレイザー」の歌詞の一部又は全文を小説本文や表紙、目次などに引用掲載することはできませんので、くれぐれもご注意ください。

原稿枚数

「野いちご」、文字数7万字以上24万字以内に収めてください。
(1ページの最大文字数は5000字)

応募方法

野いちごにて作品を公開し、コンテストページまたは作家メニューのエントリーボタンよりエントリーを行ってください。

審査について
審査員
三月のパンタシア みあ/スターツ出版 書籍編集部
審査方法
審査員の1次選考によって20~50作品に絞られたあと、読者投票により最終審査に進む10作品を選出。その後、2016年12月下旬に決定します。
スケジュール

7/29 エントリー開始

10/31 18:00エントリー締切(この日時までに作品を完結させてください)

11月中旬 1次審査結果発表&読者投票(2次審査)スタート

11月下旬 読者投票締め切り、2次審査通過10作品結果発表

12月下旬 各賞発表

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。
コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。
(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)
また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

STEP2:エントリーする

エントリー受付中★10/31 18:00エントリー締め切り!!

※エントリーには、ログインする必要があります。
※会員ではない方は、会員登録をお願いします。

エントリー作品を読む

▲