ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2016年09月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 屋上

    ねぇ・・・・・先生。


    もし、願いがひとつ叶うなら、この幸せがずっと続いて欲しい。


    先生は、あたしの生きる希望だから失いたくない。


    これから先、何十年先も先生と一緒に未来を歩んでいきたい。

    お願いだから、あたしの前から居なくならないで。

    開く閉じる

    • 総長【お題】

    「来い。」
    急に暴走族の総長である柏木くんに
    声をかけられた。

    「えっ。なんで?」

    「お前を姫にする。」

    「別に要らない。そこら辺の女に声かけたら?」

    「俺は、お前がいい。」

    こういうときはだいたいいじめられると思った私は
    「でも無理。面倒事に付き合わされるのはいい。」

    しかし、柏木くんは
    「俺がお前を守るよ。倉庫行くぜ。」
    強引に手を引っ張られ、連れていかれる。




    そして倉庫に着いた。

    「姫になれ。」

    「ここまで来たら、なるしかないじゃん。
    本当に守ってくれるんでしょうね?」

    「あぁ、守るさ。安心しろ。大丈夫だ。」

    「ん、じゃー、よろしくお願いします。」
    こうして私は暴走族の姫になった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館
    • アゴクイ

    __ドンッ

    「ドンマイッ!」

    今は、あたしの所属してる女子バスケ部の練習中。

    入部してからもう結構経つのに…最近ミスが多いんだよね…。

    「あかり?次あかりだよ?」

    友達の理央に注意されて慌ててボールを受け取った。

    __ドンッ

    失敗。

    ドンマイッという声が体育館中に響く。
    今日は、まだ一回も成功してない。

    「あかり今日調子悪いの?練習とはいえ…ちょっと見学して」

    先輩に言われさらに気分が落ち込んだ。
    体育館の脇に立って休んでると…

    「ヒャッ!?」

    「何休んでんだよ?」

    同クラの男子、真斗があたしの側にやってきた。

    「最近調子出なくてさ…先輩に休んでろって」

    「は?お前が調子悪いと俺も調子出ねーんだけど」

    「なんで?」

    「いちいち言わせんなよ」

    その瞬間唇が塞がれた。

    ドキドキで胸がいっぱいになる。

    でも嬉しさの方が大きかった。

    「やっとわかったか?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

豪華メンバーによるクリエータープロジェクトの楽曲ノベライズ大募集!

三月のパンタシア×野いちご ノベライズコンテスト スターツ出版より書籍化!(レーベル未定)

開催期間
2016年7月29日~12月下旬

「三月のパンタシア」オリジナルテーマ楽曲「ブラックボードイレイザー」を聞いてイメージする
あなたなりの物語を投稿してください(ジャンル不問)

楽曲担当は人気クリエイター40mP!!
さらにイラストはloundrawが担当!

お知らせ
  • 2016.07.29エントリースタート!!
  • 2016.06.20三月のパンタシア×野いちご ノベライズコンテスト開催決定!!

作品をエントリーする

STEP1:応募要項を読む

大賞1作
賞金20万円+スターツ出版から書籍化(レーベル未定)
優秀賞2作
賞金5万円+スターツ出版から書籍化(レーベル未定)
応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

対象

テーマ楽曲である、三月のパンタシア「ブラックボードイレイザー」を聞いて自由に物語を創作してください。

※公式応募サイト「野いちご」で閲覧できる小説。
※ジャンル不問
※作家のプロ、アマ、年齢等一切問いません。
※公序良俗に反するもの、官能小説、差別的表現のある小説、過度な暴力的表現のある小説は不可とします。
※まだ書籍化されていない、もしくは書籍化の予定がない、日本語で書かれたオリジナル作品に限ります。
※他の文学賞との二重応募は失格とします。
※既に他のサイトで発表されたものも応募可としますが、著作権および著作隣接権が完全にフリーであることを条件とします。
※応募作品は10/31(月)18:00までに完結させてください。

<注意事項>
※シリーズ作品や続編、サイドストーリーなど、その作品だけでは物語が完結していない場合、原則として審査対象外となります。ただし「第1巻」などとして、その巻だけでも楽しめる場合は審査対象となります。
※完結締め切り後の作品内容編集はなるべくお控えください。番外編等の追加を含む大幅な内容の編集をされた場合でも、審査は完結〆切時点の内容で行います。なお、完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合は、失格となります。
※テーマ楽曲「ブラックボードイレイザー」の歌詞の一部又は全文を小説本文や表紙、目次などに引用掲載することはできませんので、くれぐれもご注意ください。

原稿枚数

「野いちご」、文字数7万字以上24万字以内に収めてください。
(1ページの最大文字数は5000字)

応募方法

野いちごにて作品を公開し、コンテストページまたは作家メニューのエントリーボタンよりエントリーを行ってください。

審査について
審査員
三月のパンタシア みあ/スターツ出版 書籍編集部
審査方法
審査員の1次選考によって20~50作品に絞られたあと、読者投票により最終審査に進む10作品を選出。その後、2016年12月下旬に決定します。
スケジュール

7/29 エントリー開始

10/31 18:00エントリー締切(この日時までに作品を完結させてください)

11月中旬 1次審査結果発表&読者投票(2次審査)スタート

11月下旬 読者投票締め切り、2次審査通過10作品結果発表

12月下旬 各賞発表

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。
コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。
(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)
また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

STEP2:エントリーする

エントリー受付中★10/31 18:00エントリー締め切り!!

※エントリーには、ログインする必要があります。
※会員ではない方は、会員登録をお願いします。

エントリー作品を読む

▲